運輸安全マネジメント
運輸安全マネジメントに係る情報の公開

1.輸送の安全に関する基本的な方針

輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を行います。
輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めていきます。

2.輸送の安全に関する目標及び達成状況

【2017年度】
2016年度発生件数の5割以上の削減。

2016年度(2016年4月1日〜2017年3月31日)
  1.人身事故は、1件発生しました。
  2.物損事故は、34件発生しました。(人身事故を含む)
   ※2016年度については、5割以上の削減目標に対し未達成。

3.事故に関する統計

0件(2016年度の第1当による自動車事故報告規則第2条に規定する事故)


4.社内組織体制及び指揮命令系統

社内組織体制及び指揮命令系統

5.輸送の安全に関する重点施策

1 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
2 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行います。
3 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
4 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
5 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施します。

6.輸送の安全に関する計画

1 法令遵守状況の定期点検の実施
2 輸送の安全会議の実施(月1回)
3 初任適正診断・運転記録証明からの指導実施
4 運行管理者、運行管理補助者の教育及び研修 各公的機関での講習会受講の実施
5 無事故キャンペ−ンの実施(年3回)
6 路上故障抑制のための整備講習会の実施
7 健康管理 定期健康診断の完全実施

7.輸送の安全に関する予算・実績

2016年度    
    単位:千円
項 目 予 算 実 績
低公害車への買い替え・リース
定期検診の完全実施
特定の運転者に対する特別な指導
運転記録証明申請
運行管理補助者基礎講習受講
運行管理者試験受験
38,471
8,169
100
408
100
150
18,799
7,950
26
230
40
30
合計 47,398 27,075

8.事故、災害等に関する報告連絡体制

事故、災害等に関する報告連絡体制

9.安全統括管理者

・安全統括管理者 安全品質管理部部長代行:小倉 秀幸

10.輸送の安全に関する教育及び研修の計画

本社主催 ・法令遵守状況の定期点検
・健康診断の完全実施
・全社安全会議の実施
・運転記録証明申請
・Gマーク認定申請
・運行管理補助者基礎講習受講
・運行管理者試験受験
・初任適正診断の受診及び教育
・無事故キャンぺ−ンの実施
・産業医面談の実施
毎  月
年1回
毎  月
年1回
年1回
年2回
年2回
適  宜
年3回
毎月及び適宜
     
事業所主催 ・安全教育の実施
・特定の運転者に対する特別な指導
・営業所への外部監査の実施
毎  月
適  宜
年8回

11.輸送の安全に関する内部監査

・安全マネジメントの実施状況を点検する為、少なくとも1年に1回以上、運輸安全に関する内部監査を実施します。
・安全統括管理者は、重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定される事故)、重大な災害(労災事故を含む)、重大な違反、道路交通法
 第108条の34で公安委員会から通告された案件、労働基準監督署の監査により重大と指摘された場合、緊急に内部監査を実施します。

12.当社の安全に関する情報交換方法

 発生事故は当日に全営業所、全センタ−への情報配信(情報の共有と防止)
 グル−プ内事故も収集し、全営業所、全センタ−への情報配信